FC2ブログ

音楽の力

心酔するって気持ちや行動を変えてしまいます.
突然キラキラ光って見えたり,ドキドキときめいたり.
音楽は形がないのでそれを聞いて感動したり,共鳴・共感するとその時の風景や状況を巻き込んで記憶に刻み込むことがあります.
私もたくさんの音楽と思い出が同期しており,その曲を耳にするだけでその時の気持ちがよみがえることがあります.
YOUTUBEに上げた動画では,古いドラマの主題曲がそうです.
石立鉄男さん主演のドラマにすっかりハマって,撮影現場に行ったこともあります.
あるいは,小学校の校歌とかも直接的にその時のときめきに包まれます.
幸いにも自分にはギターがあり,ある程度音楽を再現することができます.
だから私が採譜した曲は,すべて原曲に近いものになっています.

私の演奏は,謙遜ではなく基本的に下手です.
YOUTUBEを見ると,格違いの演奏者がたくさんいます.
それでも最近ではたくさんの人が聴いてくれて,高評価を付けてくれて,コメントを残してくれます.
なかには,私の動画を見てギターを始めた人もいます.
その人が現在もギターを弾いているかどうかはわかりませんが,音楽がその人の気持ちや行動を変えてしまったことには変わりありません.
そんな大それたことは考えもしませんでしたが,世の中,何でもやってみると思いもよらぬ結果を知り,見たことないような道が開けるものだと,いまさらながらに感心してしまいます.

とんでもない技術と表現力を持つ人しか音楽をやってはいけないわけではない.
音楽は,必ず聴いてくれる人があって成り立つもの.
コミュニケーションの手段ならば,上手い下手はあまり関係ないですね.

YOUTUBEに書かれるコメントには,時々安心することがあります.
音楽の力を信じて,自分なりに,気楽に,思った通りにやっていればいいんだなと感じます.
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ~

/ ̄ ̄ ̄\
 ̄| 厂\ \/ ̄フ
 |〈_二>=<二_〉
< ̄へシェリルへ_>
`/Y ̄/ ハ ハ丶丶丶
|| /|/ V Lハ ||
| レイ(ヒO  ヒO)レリ
|ノノバ゙ 丶ブ゙人(
(( ( >ー―-<)) )


昨日、とゆーか、深夜ThelonelyBamdさんという方のエレキギターに聞き入ってしまいました。
今朝、また聴いてると、「次の動画」のタイトルを見て凍りついてしまいました。
「追悼」の2文字が目に入ってしまいました。なんか、涙で画面が見えにくくなってきた。。

そして、今も遺された音楽を聴いていたら、
とっても哀しい彼への罵倒のコメントがありました。

下記↓↓

「まあ寺内節は色んな人やってるけど、しょせん真似は真似、本家には遥か遠く及ばない。

その事を分かってしかるべきです。」

長文は続いていました。


私はペコリさんに出会って良かった
この哀しい文を見る前に。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

もしそのコメントを泣きながら書いているとしたらどんな印象になるでしょう.

Re: No title

このコメントの投稿者を「彼」と呼びます.

彼にとって寺内タケシさんは神であり,演奏は神の声.
俗人が,到達するはずもない神の世界に向かおうとする姿勢,それを公然とYOUTUBEに示す態度,そして何よりも賛同する連中に腹が立つ.
このように理解すると直感的にはわかりやすいのですが,実はそうではないかもしれません.

Wikiで調べてみると,寺内タケシさんの活動は多岐にわたっています.
寺内タケシさんは若者や社会的な弱者に対して,尽力し,同列でありたいと思っており,その表現,手段の一つがギターと思われます.

「まあ寺内節は色んな人やってるけど、しょせん真似は真似、本家には遥か遠く及ばない。
その事を分かってしかるべきです。」

先人の背中を追うのだから「真似」は当たり前のこと.
「本家には遥か遠く及ばない」というのは,彼の評価です.
私のような俗人はあの動画を見てかなり近いなと思いました.
私は今年63歳,寺内さんは80歳になります.
ありゃま,誕生日同じだ.
なんかうれしい.
人生の大先輩ですし,私はそもそも寺内タケシさんの演奏をじっくり聞かせてもらったことがないので評価できる立場ではありませんが,ある意味同じような時代を過ごしてきており,その中で常にそばにギターがあったわけですから,なんとなくにおいが伝わるような気がします.

コメントを流し読みすると,彼が求めるのは公然と神様の演奏に近づこうとしてはならない,マネしてはならない,もし真似したら俺が徹底的に呪い潰すってことに感じてしまいます.
寺内タケシさんが喜ぶのは,あの動画をアップする人がいたことでしょうか,それともあの批判的なコメントの内容でしょうか.

音楽は手段です.
彼が寺内タケシさんの音楽に「寺内節」を感じるならば,それは演奏ではなく寺内タケシさんの人間そのものかもしれません.
それは絶対に「真似」できないものです.
wikiを読めば,その人間性のすばらしさが良くわかります.
「その事を分かってしかるべきです」
これは音楽を媒体として伝わる人間性のことを示しているのかもしれません.

彼は感性がとても高いのかもしれません.
鋭い感性と直線的な発想力を持った人なんです.
しかし,彼がそこまで感じ取れるんだったら,その感性でコメントの表現をもう少し包み込んでほしかったなと思います.

演奏者のご冥福を祈ります.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントは大歓迎です.
今後もよろしくお願いします.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

メールで返信しました.

No title

クラシックギターの音、素敵ですねえ!
素敵な演奏動画が沢山あって、こちらのブログを見つけて嬉しくなってしまいました(*^^*)

クラシックギターって、奏法も厳しく自由度が少ないものと思っていたんですが、
そうじゃないのかもって、ワクワクした気持ちになりました!

私はアコギでソロギターを始めて間もない者です。
ペコアプリさんのブロクを拝見して、勉強させていただきます。

Re: No title

コメント,ありがとうございます.
クラシックギターの音色は最も自分に合っていると思っていますが,ほかの楽器が弾けないので,そう思いこんでいるのかもしれません.
紆余曲折を経てブログという形を選択したのですが,最近はほとんど更新しなくなってしまいました.
読んでくれてありがとうございます.
更新する気持ちが少し涌いてきました.
ウクレレギターさんのワクワクはクラシックギターだけではありません.
多分,自分の体を使う楽器のほとんどすべてが可能性に満ち溢れているんだと思います.
ああしてはいけない,こうしてはいけないというのは,もはや私には縁遠いことです.
どんなことをしてもいい.
またはしなくてもいいんです.
奏法のマスターを目標にしたら面白くないです.
どうせできないんだから,手段に惑わされているような気がします.
大切なのは,自分が何を求めているかを明確にすること.
単に,うまくなりたいとか,あの人のように弾きたいというのは求めているものの本質ではありません.
1音の音質,1小節の歌い方.
それをどうしたいのかがわかれば,手段は後からついてきます.
その目標に向かって一生懸命,楽しく練習したり追求することができます.
実現するための奏法を知りたくなります.
こうすると,先に楽しみが生まれます.
私の演奏の多くは,一般にアコギと呼ばれているスティール弦のギター奏者が開発した技法を使っています.
FirstLoveではタッピングハーモニクスを使っていますが,クラシックギターではとても困難な奏法です.
練習中に指が腫れちゃいましたから.
でもなんとかなるんですよね.

ずっと続けていると歳をとっても感じますよ.
そのワクワク感.

No title

「ああしてはいけない、こうしてはいけないなど、もはや縁遠い」とは、大変ありがたく、心強いお話です。私も好きで続けた先に、迷いなくそう思える日が来ると嬉しいです(*^^*)

今年の3月、錦糸町で開催されたハンドクラフトギターフェスに行ったんです。
そこで色んなギターを試奏させていただいたんですが、クラシックギターの音や響きがすごく綺麗で、
とても高価でしたから、すぐにではありませんが、いつか手に入れたいとまで思うようになりました。
でも、すこーしですが笑、敷居の高い雰囲気も感じましたし、
今まで使っているのも鉄弦のギターで奏法もほぼ自己流、選曲もアコギ志向で、
素敵なクラシックギターを手に入れても、「違うよ」って言われながら弾くのは嫌だなあ、

……と、いうような事で、ぼんやり考え込んでいたんです。
でも、ペコアプリさんにご返答いただいて、今日の天気みたいにスッキリ晴れ晴れしました!
「取らぬ狸の皮算用」笑、でしたし、
そもそも自分も、歌うみたいに弾くソロギターに憧れを感じていたと気付きました。
最近短期間に知識を詰め込んでたので忘れてました(^^;)

今後もちょくちょくブログやyoutubeのぞかせていただきます。
大変励みになりました!ありがとうございました(*^^*)
プロフィール

PEKOAPRI

Author:PEKOAPRI
YOUTUBEの操作ミスで,今まで投稿したコメントが全部消えちゃったので,このブログをコミュニケーションのスペースにしようと思って開設しました.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる