FC2ブログ

童神

沖縄は私にとってとても縁が深く、最も興味深い場所です。
沖縄のうたを集めた曲集を持っているので、そのなかから比較的簡単な曲を選んで弾きました。
クラシックギターは、同じ撥弦楽器の三線(さんしん)の乾いた音にはとてもほど遠いので、ギターらしく弾いてみました。
というより、それしか表現のしようがないんですが。。。
ちなみに、童神はわらびがみと読みます。
NHKドラマ、ちゅらさんの挿入歌でもあったようです。




2015年5月30日追記 あいずみゆうこさんのYOUTUBEコメントに対して


私はYOUTUBEを通してたくさんの演奏を聴いていますが、アマチュアなのに桁違いに巧い方もいるので驚きます。
私がYOUTUBEにアップするのは、いくつかの理由があります。
その一つは、ある特定の人へのメッセージです。
平井堅さんの「瞳をとじて」は、突然亡くなった同僚を想って演奏したものです。

でも、時々私の演奏を聴いてギターを弾きたいと思ってくれる方がいらっしゃいます。
意図しない、想定外のコメントはやり甲斐を感じさせてくれます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素敵な曲ですね。ナイロン弦の響きが心地いいです。
いつもpekoapriさんの選曲に揺さぶられています。

質問です

初めまして。YouTubeでPEKOAPRIさんの演奏を拝聴しました。とてもきれいな音色に驚いております。
さて、唐突なのですが、ご愛用のギターはどこのメーカーの何というモデルなのかお教え頂きたく思います。
私は専らロックが好きでクラシックギターには縁遠かったのですが、そういったジャンルの音楽でも曲によってはクラシックギターの丸っこい素朴な音が基調になったものがあり、また最近私はワールドミュージックを聴くようになりましたので、クラシックギターとは違いますが例えばGipsy Kingsのフラメンコギターなど、エレキギターやスチール弦とはまた違う響きに惹かれるようになりました。
そこで是非ともギターを手に入れようと、今は小平ギターのものが良いかなとまだ店頭に足を運ぶ前から考えております。
拝見する限りですと、気のせいかも知れませんが少し小ぶりな感じがします。『ティファニーで朝食を』でオードリー・ヘップバーンが抱え弾いていたStellaという(スチール弦ですが)のギターを思い出しました。
よろしくお願いします。

Re: 質問です

メッセージありがとうございます。
私もナイロン弦の柔らかさが好きです。
使っているギターは松岡良治氏のM25です。
ただし、購入したのは1971年ですから、今から45年前になります。
このギターについては、今度まとめてブログにアップします。

Re: タイトルなし

なんか、ブログは安心感があって心地よいです。
でも、だれも見ていないような気がして、少し寂しいですが、、
書き込み、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

PEKOAPRIさん

お答え下さりありがとうございます。
調べましたところクラシックギターとしては標準的な大きさのもののようですね。私はトレッドノートタイプのフォークギターしか持っておらず、クラシックギターを手にしたのは中学校の音楽の授業で習った時くらいでしたので、ボディの大きさに違いがあることを初めて知りました。構え方も上品で憧れます。
それにしても、半世紀近くも持ち続けていらっしゃるなんて23の私からすると頭が下がる思いです。大切にしなければと思います。

コメントが深夜になってしまいすみませんでした。今度のブログもまた読ませて頂きますね。

Re: PEKOAPRIさん

私が使っているのは中古で1万円くらいで変えるギターです。
作りは丈夫だったようです。
YOUTUBEを見て、ラミレスと間違えてくれた方がいますが、嬉しすぎますね。これは。

23歳ですか。
可能性の塊ですね。
私は24歳で結婚し、今年還暦を迎えました。
今は子供も独立して夫婦2人の生活です。
ギターは、長期にわたって触れないこともありました。
以前はスチール弦に限界を感じていましたが、押尾コータロー氏、トミー・エマニュエル氏などの超絶技巧に激しいショックを受けました。
トミー・エマニュエル氏とは同い年なんですよね。。もうびっくり。
最近では井草聖二氏の安定した演奏を目の当たりにして、もはや異次元を感じます。
若い方の台頭には目を見張ります。
例えば、Sandra Baeさん。
最近ではKOYUKIさん。
KOYUKIさんは2001年6月生まれ。。って14歳?!!!

可能性は自覚できなくても、誰でも必ず持っています。
還暦の私が自分に対してそう思っているのですから、私の38%の年齢のやよいさんは、その逆数260%の巨大な可能性があるわけです。
なんでも果敢にチャレンジして、私を驚かせてください。

お返事ありがとうございます

童神は、ウクレレで弾き語りしたことがあります…ピアノやったりギターやったりまぁ、熱しやすく冷めやすい自分がちょっと嫌だったんですが、それもまた私の個性かな、とかなり強引に前向きに考えるようになりました。
私も実は、松岡良治のM35Jというクラシックギターを持っています。ヤフオクで一目惚れしました。
今日からまた、ギターとピアノ、どちらも楽しめそうです。
上達しないことを、センスがないからだ、なんて、すねていたんですが、すっかり忘れていたことを、思い出させていただきました。
それは、音を楽しむ。ってことです。臭いですかね(* ̄∇ ̄*)
歌も演奏もずっと続けて行きたいです、その前に、今日という日を大事に生きたいです。

Re: お返事ありがとうございます

コメントありがとうございます。
熱しやすくて冷めやすいというのは個性では無く、たぶん最も多くの人が持っている本質の一つだと思います。
私もそうなので、何回もあきらめて何回もまた始めています。
続けるって、何回もやめてもいいことだと思っています。
長い時間のスケールで考えれば、楽なことなんですね。

松岡良治さんのギターを持っている人からのコメントは初めてです。
私のギターは2ランク下ですが、長年付き合っていると本当にしっくり来る逸品に思います。
このギター、好きなんです。

音を楽しむって、できそうでできないです。
あいずみゆうこさんはいろいろな楽器や歌にチャレンジしており、音を楽しんでいる様子が伝わってきます。
音楽は人に聴いていただいて初めてその真価を実感します。
4年近く前になりますが、Antonella's BirthdayというTommy Emmanuel さんの曲をアップしたことがあります。
知り合いの娘さんの誕生日のお祝いを兼ねた演奏ですが、背景に白いトイピアノが映っています。
シェーンハットのトイピアノで、1台はその娘に、もう一台は孫にプレゼントしました。
誰かのために何かをする事は、自分がしていることの言い訳になりそうですが、実際には想像以上に気持ちが伝わるようです。

あいずみゆうこさんの演奏、ゆっくりと聴かせていただきます。
今日も一日、良い日を過ごしてください。

臭いです よね。。。