FC2ブログ

運指について

YOUTUBE「影を慕いて」にいただいたTonbo Mizuさんのコメントについて返信します。
Tonbo Mizuさんの演奏聴かせていただきましたが、指の違和感は全く感じられませんでした。
私の知り合いで、右の指1本がほとんど動かなくなってしまった方がいます。
その人のために演奏を、と思っても、なんだか障害の無い私が演奏するのは違うような気がして。。
一つのチャレンジではありましたが、その指を使わないで練習したことがあります。
結果、たしかに原曲通りに弾くことはできませんが、それなりにカバーして、曲自体の体裁を損ねること無く、何とかなるものだと感じました。
もちろん、そんな演奏を聴いていただくわけにも、公開するわけにも行かず、没にしましたが。。

他の人の演奏を聴くと、とりあえずは目標になり、同じように弾きたいという気持ちが強く先行することがあります。
でも、そもそも他人を目指すのでは無く、自分の未来を想像して自分を育てるやり方を工夫するのも楽しいですよ。
私は爪が弱いくらいで大した障害が無く、そういう人間がどうのこうのと生意気なことを言っては障害を持つ方に大変失礼と思います。
だからこれ以上書きません。
気分が悪くなった方がいらっしゃったら謝ります。

Tonbo Mizuさんの場合、トレモロは少し速度を落として、a,m,iではなく、a,i,aで弾くのはいかがでしょうか。
トレモロではありませんが、プジョールの有名な曲「熊蜂」は、写真の様にi,m,iの運指が指定されています。
プジョールの熊蜂 
セゴビアは、これをトレモロの運指、a,m,iで演奏することによって速度を上げたとか、どこかで読んだことがあります。
その逆で、しかも運指をi,m,iではなく、a,i,aというのは変則ですが、熊蜂を指定の運指でものすごい速度で演奏する人もいるし、これならば安定なトレモロも可能と思います。
障害の無い指で正規の運指でも、なめらかで流れるようなトレモロのメロディーラインを歌い上げるのには大変な努力が必要になります。
しかし、練習を続ければ必ず目標とした「そのとき」が来ます。
「そのとき」に達した人の演奏は、他の人から見れば超絶技巧の持ち主です。
想像以上の時間と努力が必要なのは、誰でも、どんなことでも同じです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます